iPhone11/ iOS13でパスコードを4桁にする方法

iPhonePhone11/iPhone11 Proはアップルが提供する定番のスマートフォン。大きいディスプレイにカメラ性能、バッテリー性能、耐水性能などが色々な立場の方から注目されています。

さて、今回はそんなiPhone11/iPhone11 Proのパスコードについて。iPhone11/ iOS13のパスコードは6桁が基本ですが、この6桁を4桁にすることもできます。ここでは、iPhone11/ iOS13でパスコードを4桁にする方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone11/ iOS13でパスコードを4桁にする方法

iPhone11/ iOS13でパスコードを4桁にする方法は簡単です。以下の手順でパスコードの桁数を変更することができます。

設定に進む

まずはじめにiPhone XSのホーム画面から設定に進みます。

設定に進む

Face IDとパスコードに進む

Face IDとパスコード部をタップして進みます。

FacebIDとパスコードに進む

利用中のパスコードを入力する

現在利用しているパスコードを入力します。

パスコードを入力する

パスコードを変更に進む

画面の中盤にある「パスコードを変更」に進みます。

パスコードの変更に進む

利用中のパスコードを入力する

古いコード=現在利用しているパスコードを入力します。

現在利用中のコードを入れる

パスコードオプションを押す

以下赤枠の「パスコードオプション」を押します。

パスコードオプションを押す

4桁の数字コードを押す

「4桁の数字コード」を押します。

4桁のコードを指定

4桁を指定する

これから使いたいパスコードの4桁を指定します。

4桁を指定

再度入力する

4桁を指定

以上でパスコードの桁数を6桁から4桁に変える方法は完了です。

まとめ

これまでiPhone11/iPhone11 Proでパスコードの桁数を6桁から4桁に変更する方法を紹介してきました。iPhoneのパスコードの6桁は、セキュリティ的にはいいけどずっと使っていくにあたって毎回入力するのは面倒。ある程度セキュリティリスクを割り切れる方はこの方法で4桁にすることもできますので、ご活用ください。

スポンサードリンク