iPhone8/ iOS11で背面のLEDライトをつける方法

Smartphone holding in female hand. Girl take a cup of espressoiPhone8はご存知の方も多い人気のスマートフォンです。前モデルのiPhone7の良いところは継承し、さらに機能をアップグレード。カメラ機能の進化やワイヤレス充電などを搭載してさらに使いやすくなりました。

さて、今回はそんなiPhone8の使い方について。

iPhone8付いている写真撮影用背面LEDライトは、写真を撮影する以外の用途でも任意に起動して利用することができます。例えば暗い部屋や暗い場所で探し物を探すときに利用できて、意外と便利です。

ここでは、iPhone8で背面のLEDライトをつける方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone8/ iOS11で背面のLEDライトをつける方法

iPhone8/ iOS11で背面のLEDライトをつける方法はかんたん。以下の手順でつけることができます。

コントロールセンターを開く

まずはじめにホーム画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを立ち上げます。

コントロールセンターを開く

LEDライトをオンにする

左下のライトのマークをタップします。

ライトアイコンをタップする

LEDライトが点灯する

LEDライトが点灯します。点灯時は以下のようにアイコンの見た目も変化します。

LEDオン時

以上になります。LEDライトはあると便利で用途は様々。まずはこの操作でLEDライトがつく、ということだけ覚えておいていただければ、様々なシチュエーションで活用いただけると思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク