iPhone8/ iOS11で文字やアイコンを大きくする方法

maciPhone8はご存知の方も多い人気のスマートフォンです。前モデルのiPhone7の良いところは継承し、さらに機能をアップグレード。カメラ機能の進化やワイヤレス充電などを搭載してさらに使いやすくなりました。

さて、今回はそんなiPhone8/ iOS11の使い方について。

iPhone8を利用していて、文字が小さいと思われたり、アイコンが小さくて押しづらいと思われたことはありませんか?iPhone8では画面の表示サイズが2種類用意されて、文字やアイコンを大きくすることができます。ここではiPhoneで画面を拡大表示する方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone8/ iOS11で文字やアイコンを大きくする方法

iPhone8/ iOS11で文字やアイコンを大きくする方法は簡単です。設定画面からわずか数ステップで設定することができます。

設定を開く

まずはじめに、iPhone8のホーム画面で設定をタップし設定画面を開きます。

設定に進む

画面表示と明るさ

画面表示と明るさに進みます。

画面表示と明るさに進む

表示に進む

設定画面の拡大表示エリアの「表示」をタップします。

表示を押す

拡大を押す

画面右上の「拡大」を押します。

拡大を押す

拡大を選択し設定

「設定」をタップします。

設定をタップする

決定する

「”拡大”を使用」をタップします。

拡大を使用をタップする

画面表示が変更完了

iPhoneの画面の表示が拡大に変更されました。

拡大設定後の画面

以上でiPhone8でアイコンや文字を大きくする方法は完了です。「もう少し画面の表示が大きいほうがいいな・・・」とお思いの方はぜひこちらの設定をご利用ください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク