iPhone SEで撮った写真や画像をWindowsに取り込む方法

iPhoneAppleのiPhone SEはiPhoneシリーズの小型モデルとして人気。iPhone5の頃のサイズ感が好きでiPhone6やiPhone7の大きさを敬遠していた方から多くの支持を得ています。確かにiPhone SEは握りやすくコンパクト。片手で十分操作できる大きさって貴重だと思います。

さて、今回はそんなiPhone SEの使い方について。iPhone SEで撮った写真や画像をWindowsに取り込む方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone SEで撮った写真や画像をWindowsに取り込む方法

iPhone SEで撮った写真や画像をWindowsに取り込むには、以下の手順を踏んでいきます。シンプルな作業ですので、今回この記事と一緒に試してみて、体で覚えていただければと思います。

iPhone SEとPCをLightningケーブルでつなぐ

まずはじめに、iPhone SEとWindowsパソコンをライトニングケーブルでつなぎます。

エクスプローラーを開く

Windows10の画面のWindowsマークを右クリックし、エクスプローラーを選択します。

エクスプローラーを開く

iPhoneを選ぶ

iPhoneを選びます。

iPhoneを選ぶ

Internal Storageを選ぶ

Internal Storageを選びます。

Internal Storageを選ぶ

DCIMを選ぶ

DCIMを選びます。

DCIMを選ぶ

100APPLEを選ぶ

100APPLEを選びます。

100APPLEを選ぶ

写真を選択して任意の場所に移動

PCに保存したい写真を選択して任意の場所(例えば「ピクチャ」や「デスクトップ」や「マイドキュメント」)にドラッグ&ドロップします。

ドラッグアンドドロップする

以上になります。

ご覧いただいてお気付きの通り、基本的には、他の外部ストレージ、例えばSDカードやUSBメモリーから画像を移動するのと同じ作業をしていただきます。

参考になれば幸いです。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク