HP Pavilion Power 15 実機レビュー|ゲーム用途もOKな15.6型を徹底解説

Pavilion Power15HP(ヒューレットパッカード)は世界的大手のPCメーカー。日本ではビジネス用途で浸透していますが、個人向けにもかなり力を入れており、デザインもどんどん良くなっています。

さらにラインナップも豊富で、自分の用途に合致する「パソコンが必ずHPにはある」そんな感覚すらあります。

さて、今回はそんなHPの商品の中から、15型のゲーミング用途にも利用できるノートPC、「HP Pavilion Power 15」を日本HP様からお借りできましたのでレビューしていきたいと思います。

HP公式 HP Pavilion Power 15詳細はこちら
icon

スポンサードリンク

HP Pavilion Power 15 実機レビュー

Pavilion Power 15本体HP(ヒューレットパッカード)のノートPCのなかでPavilionは「先進機能を搭載した高い基本性能で「プラスαの価値」を追求するスタンダードブランド」。コストパフォーマンスの高いモデル群として多くのユーザーに支持されています。

今回のHP Pavilion Power 15もPavilionブランドの意思を継承したコストパフォーマンスモデルです。予算10万円以下で15型のノートを狙いたい方で、ブラックの鋭角なデザインが好みの方や、ゲームをしたい方に特におすすめです。

HP Pavilion Power 15のスペック

項目スペック
CPU Core i5-7300HQ / Core i7-7700HQ
メモリー8GB / 16GB
ストレージ1TB HDD / 128GB SSD (PCIe NVMe/M.2) + 1TB HDD / 256GB SSD (PCIe NVMe/M.2) + 1TB HDD
グラフィック NVIDIA® GeForce GTX 1050
液晶モニター 15.6型IPS液晶1920×1080 / 15.6型IPS液晶4K 3840×2160
光学ドライブなし
重量約2.29kg

スペックの特徴は、何よりもクアッドコアのCPUと外付けのグラフィックスを搭載していること。ノートPCとしての性能は申し分なく、ビジネス用途だけでなくゲーム用途、動画編集用途まで幅広く活用できるオールマイティな一台です。

ゲーミングPCに近いパフォーマンス

Pavilion Power15

第7世代 インテル クアッドコア CPUを搭載

HP Pavilion Power 15は第7世代 インテル クアッドコア CPUを搭載しています。

第7世代 インテル クアッドコア CPU、具体的には、インテル Core™ i5-7300HQ プロセッサーなどのIntelのHシリーズは、ゲーミングノートPCに採用されるケースが多いCPUで、負荷の高い処理までこなす必要があるゲーミングノートPCに利用されることの多いもの。一般的なノートPCに使われているCore i5-7200UやCore i7-7500Uよりも性能は一段上になっています。

HP Pavilion Power 15は一番手頃なモデルでインテル Core™ i5-7300HQ プロセッサーを搭載していて、まさにハイパフォーマンス。一般的なExcelやWord、画像処理はもちろんですが、ゲーム用途としても対応できるモデルに仕上がっています。

※ゲーム用途で利用する際は、プレイ予定のゲームと照らし合わせてインテル Core™ i5-7300HQ プロセッサーかインテル Core™ i7-7700HQ プロセッサーをお選びください。

NVIDIA GeForce GTX グラフィックスを搭載

HP Pavilion Power 15はNVIDIA GeForce GTX グラフィックスを搭載しています。

NVIDIA GeForce GTX グラフィックスは内蔵グラフィックスとはパフォーマンスが全く異なります。このグラフィックボードによりHP Pavilion Power 15のパフォーマンスは大幅に向上。CPUにCore i7を選ぶなら、ゲーミングノートPCとしても十分活躍。ゲーミングノートPCの中位クラスのものと同等のスペックにまでなります。

IPS液晶

IPS液晶
HP Pavilion Power 15は非光沢のIPS液晶を採用していて視野角が広いです。しかも上位モデルについてはIPSかつ4K解像度の液晶が搭載されています。最近では映像配信サービスを中心に4Kのコンテンツが増えてきていますので、そのようなコンテンツを100%楽しめる環境が上位モデルにはあると言えます。

※写真撮影の環境上、あまりそのメリットが分からない感じになっていますが、とても見やすい液晶です。

大画面はデュアルスクリーンでも威力大

デュアルスクリーン私は普段EIZOのFlexScan2451をサブモニターとして作業を行なっています。今回はPavilion Power 15を接続して作業して見ましたが、15.6型と23.8型の組み合わせはかなりデスクトップ領域が広がって作業がしやすかったです。

※写真の都合上色味が悪くなっています。本体の問題ではございません。

クールなブラックのカラーリング

本体HP Pavilion Power 15はブラックのクールなカラーリングと鋭角な洗練されたフォルムが特徴。男性受けするデザインです。VAIOを以前使っていたユーザーにはこのデザイン、ど真ん中なのではないでしょうか?少なからずかつてのVAIOユーザーの私にはこのデザイン、ど真ん中です。

閉じている時も凛とした趣き。

Pavilion Power 15

背面はブラック一色にHPのロゴがシルバーのアクセントに。

Pavilion Power15

開いた時のパームレストのヘアラインが上品です。

Pavilion Power 15本体

リフトアップヒンジを採用していて鋭角でスマートな印象です。

リフトアップヒンジ

リフトアップヒンジ自体はディスプレイを開くときにキーボードを傾斜させて自然な角度でタイピングを可能にさせるものですが、デザイン的にも◎ですね。

キーボード

キーボードキーボードはパームレストがアルミのヘアライン仕上げで上品な仕上げになっています。

キーボードのキー自体の打ち心地は比較的柔らかい印象で、打っていてもキーボードの物理音があまり気になりません。特に悪い印象はなく、全体的には打っていて疲れにくそうだと思いました。

充実のインターフェース。合計4つのUSB

HP Pavilion Power 15は入力ポートが充実しています。例えばフルサイズのUSB3.1ポートが3つ、今後の展開に備えたUSB-Cポートが1つ搭載されています。最近のノートパソコンは入力端子が不足気味ですが、HP Pavilion Power 15はその点心配いりません。

向かって右側の入力端子は以下のような感じです。

向かって右側

向かって左側の入力端子は以下のような感じです。

向かって左側

HP Pavilion Power 15はSDカードの位置が非常にいい場所にあり、小さなフィーチャーだと思っているのですが、右手すぐの場所にSDカードスロットが付いています。いつでもサッと抜き差しできる環境は非常に便利だと思います。

SDカードの挿入

入力端子類で一点注意したい点ですが、右手の入力端子群(HDMI、フルサイズUSB、USB Type-C)が密接しており、USBのサイズによって隣のコードとぶつかってしまい挿せない場合があります。

HDMIとUSBの干渉

とはいえ、フルサイズのUSBはかなりの数ありますので、物理的に干渉する場合は、USBを以下のように左側につけるなどしていただければ大丈夫だと思います。

入力端子をバラバラに入れる

ACアダプター

ACアダプターはブラックで長細くそれなりの大きさがあります。ただ、今回のモデルのACアダプターは厚みがなくスリムです。

ACアダプター

電源ボタン

HP Pavilion Power 15は電源ボタンが左側にあります。最近電源が右にあるものばかり使っていたので一瞬違和感を感じましたがきっとすぐなれると思います。

電源ボタン

Bang & Olufsenのサウンド

サウンドシステムは、Bang & Olufsenのスピーカーを搭載しています。実際に聞いてみましたが、ノートパソコンに搭載のパソコンとしては良いレベル。想定していたよりも良かったです。

B & Oのスピーカー

サウンド関連には、ソフトウェアが搭載されています。

B&Oのソフトウェア

ソフト内でチューニングも可能ですので、お好みに合わせたサウンドに設定することもできます。プリセットもいくつかありますので、まずは好みの音楽ジャンルに合わせて設定しても良いと思います。

チューニングも可能

HP Pavilion Power 15のおすすめ構成

HP Pavilion Power 15はHP(ヒューレットパッカード)の公式直販サイトで販売されています。使う用途に合わせてスペックを選んでいただけます。

ゲームしない方ならこれでほぼ十分

HP Pavilion Power 15は、ゲームをしない方なら下位モデルで十分です。第7世代、インテル クアッドコア CPUを搭載し、さらにNVIDIA GeForce GTX グラフィックスも搭載しているので、かなり快適にパソコンを利用できると思います。

項目スペック
ベースユニットHP Pavilion Power 15-cb000
OSWindows 10 Home (64bit)
オフィスソフトなし
プロセッサーインテル Core i5-7300HQ プロセッサー (2.50-3.50/6)
ディスプレイ15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
ボディカラーシャドウブラック
メモリ8GB (8GB×1)
ストレージ1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1050 グラフィックス
ネットワークコントローラー内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)
無線LAN/BluetoothIEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
キーボードバックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
スピーカーB&O Playデュアルスピーカー
WebカメラHP Wide Vision HD Webcam
HPパソコンナビ速効!HPパソコンナビ特別版
セキュリティソフトマカフィー リブセーフ (30日版)
オフィス互換ソフトなし
パソコン移行ソフトなし
データ抹消ソフトなし
純正マウスHP Z3700 ワイヤレスマウス (スウィート ハート)
ELECOMマウスなし
USB Type-C ハブなし
USB Type-C 変換ケーブルなし
ワイヤレススピーカーなし
ワイヤレスイヤホンなし
スリーブケースなし
モニターなし
使い方サポート使い方サポート 1年用
PC標準保証1年間引き取り修理サービス
電子版登録案内レターなし
モニター保証なし
[人気のおすすめアイテム] パソコンなんでも電話相談なし
価格107,784円(税込・2017年8月16日現在)
この構成に追加したいアクセサリーの選択肢
今回のモデルは日常で通常使うスペックとしては十二分。ではその他拡張機能としてどのようなものが必要でしょうか?

・マウス
現在のパッケージにはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

・Microsoft Office
上記でご紹介した構成にはMicrosoft Office(WordやExcelなど)が入っていません。Microsoft OfficeはPCと同時に購入の方がお得な値段で購入できますので、ご購入予定でしたら追加していただいた方が良いと思います。

・DVD/BDドライブ
HP Pavilion Power 15には光学ドライブを搭載していません。最近DVD/BDを使うこと自体少なくはなっていますが、必要があれば追加で購入いただく必要があります。

最後に

今回のHP Pavilion Power 15ポイントはハイパフォーマンス&エッジデザインだと思います。15インチでハイパフォーマンスなスタンダードノートPCをお探しだった方には嬉しいモデルが出てきたのではないでしょうか?15インチではかなりお勧めできるモデルです。

スポンサードリンク