iPhone7/ iOS10のSafariにオススメの翻訳アプリ Microsoft Translator

iPhoneiPhone7はご存知アップルから発売のスマートフォン。発売当初から人気で、多くの人がiPhone6sからの性能進化を受け入れています。理由を聞けば納得。これまで採用されてこなかったSuicaなどの電子マネー対応や防水機能の搭載は、スマートフォンを使うシーンにおいて結構重要。使いやすい端末になったからこそ、すぐにでも買い換えたい、そんなニーズが出ているんだと思います。

さて、今回はそんなiPhone7の使い方について。iPhone7のSafariをご利用の方にオススメのMicrosoftのアプリMicrosoft Translatorをご紹介します。

スポンサードリンク

iPhone7/ iOS10のSafariにオススメの翻訳アプリ Microsoft Translator

Microsoft TranslatorはiPhoneでSafariをご利用の際に便利なアプリです。Microsoft Translatorを利用すれば、簡単な操作でウェブページを翻訳してくれます。

Microsoft Translatorのインストール

Microsoft TranslatorはAppStoreからインストールできます。

Microsoft Translator

Microsoft translator

設定方法

Microsoft Translatorの設定方法をご紹介します。

Safariを開く

Safariを開きます。

Safari

アクションボタンをタップ

アクションボタンをタップします。

アクションボタンを押す

その他をタップ

表示されたメニューから「その他」をタップします。

その他を押す

Microsoft Translatorを有効にする

アクティビティの画面が表示されたら「Microsoft Translator」をスイッチをタップして有効にします。

オンにする

完了を押す

完了をタップして、設定は完了です。Microsoft Translatorがアクティブになりました。

官僚を押す

Microsoft Translatorの使い方

Microsoft Translatorの使い方は簡単です。以下の手順で翻訳できます。

Safariで英語のページを開く

Safariで翻訳したい英語のページを開きます。

翻訳したいページを開く

アクションボタンをタップ

アクションボタンをタップします。

アクションボタンを押す

Microsoft Translatorを押す

表示されるメニューのうち、「Microsoft Translator」をタップします。

microsoft translatorを選択

翻訳が実行される

翻訳が実行されます。

以上になります。設定してしまえば、非常にシンプルな操作。これならストレスもなく読んでいて意味がわからない記事を翻訳して読み進めることができます。

参考になれば幸いです。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

Amazonタイムセール
スポンサードリンク