ThinkPad13(2017) | コスパに優れた13.3型のモバイルPCを徹底解説

ThinkPad13レノボはご存知の方も多い、業界大手のパソコンメーカー。そのレノボが展開する「ThinkPadシリーズ」は、幅広い層から支持され続けているPCブランドです。

ビジネスに活用できるモバイルノートパソコンから、15.6型の家庭用ノートパソコン、オフィスで利用する据え置き型のデスクトップパソコンまで、幅広く取り扱っていて、ThinkPadブランドの中からであれば、細かいニーズに合致するものを見つけることができます。

さて、今日はそんなThinkPadシリーズの、13.3型のノートPCであるThinkPad13(2017) についてご紹介します。

レノボ公式 ThinkPad 13の詳細はこちら

スポンサードリンク

ThinkPad13(2017) | コスパに優れた13.3型のモバイルノート

ThinkPad13
レノボが展開するThinkPadブランドの中で、ThinkPad13は、13.3型を液晶サイズとするモバイルノートPCです。

ThinkPadのモバイルPCというと、ThinkPadX1 Carbonが頭に浮かぶ方も多いと思いますが、ThinkPad13は10万円以下から展開している手頃なシリーズです。

ThinkPadのモバイルPCはなかなか10万を切るものがないですから、ThinkPad指名でモバイルノートを検討されるのであれば、まさに候補に入る一台です。

ここからはThinkPad13(2017)の特徴を紹介していきます。

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載

ThinkPad13
ThinkPad13(2017)は第7世代のインテルCoreプロセッサーを搭載しています。第7世代のインテルCoreプロセッサーは、前世代モデルと比較して、パフォーマンスや省電力性が大幅に向上しています。ThinkPad13の基本構成となるCPUスペックの「Core i3-7100U プロセッサー」でも、複雑な処理をしないExcel処理やブラウジング、Outlookでメール処理などは快適です。

なお、直販モデルで選択可能な「Corei5-7300Uプロセッサー」はvPro対応しています。この機能が必要な方は、「Corei5-7300Uプロセッサー」「Corei7-7600Uプロセッサー」を選択していただくのが良いと思います。

快適な操作性 人間工学に基づいたキーボード

キーボード
ThinkPad13(2017)を購入する大きな理由になるのがキーボードの打ちやすさです。人間工学に基づいて設計されたキーボードは打ちやすいためミスタッチが少なくなり、タイピングの効率が上がります。

また、ThinkPadならではのトラックポイントも搭載しており、マウスがない場所でも快適にポイントの操作ができます。これは、ThinkPad13にだけではなく、ThinkPadの全ラインナップに共通することですが、打ちやすさは他メーカーから抜きん出ていると思います。

充実した入力ポート 合計3つのUSB

USB
ThinkPad13は持ち運びを想定したモバイルPCでありながら入力ポートが充実しています。例えばフルサイズのUSB3.0ポートが2つ、今後の展開に備えたUSB-Cポートが1つ搭載されています。ディスプレイポートはVGAはつかずにHDMIのみです。最近のモバイルノートパソコンは薄さを求めるあまり、入力端子が不足気味ですが、ThinkPad13(2017)ならUSBが3つあり、薄さと拡張性を両立できます。

※ディスプレイの出力端子はHDMIのみのため、VGAのプロジェクターにつなぐためにはアダプター(別売)が必要です。

ThinkPad13(2017)のおすすめ構成

ThinkPad13(2017)はレノボの公式直販サイト「レノボ ショッピング」で仕様をカスタマイズすることができます。ここからは用途に合わせたオススメ構成をご紹介します。

モバイルPCとしての基本的な使い方をする方向け

ThinkPad13(2017)をご購入になる方は、外出されることも多く、外でも作業をされたい方が多いと思います。その作業内容が、業務一般のWord、Excelの作業が中心の場合、レノボショッピングで販売しているThinkPad13(2017)のベーシックキャンペーンパッケージで十分です。しかもこれなら合計金額10万円を切ることができます。

選択項目
CPUインテル Core i3-7100U プロセッサー (2.4GHz, 3MB)
初期導入OSWindows 10 Home 64bit
導入OS言語Windows 10 Home 64bit – 日本語版
Microsoft ソフトウェアなし
メモリー4GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (1スロット使用)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 620
キーボード日本語キーボード
バッテリー3セル リチウムイオンバッテリー (42Wh)
タッチパッド/指紋センサーThinkPadクリックパッド、指紋センサーなし
セキュリティーチップTPMあり(ハードウェアチップ搭載)
内蔵 カメラカメラなし
本体カラーブラック
ハード・ディスク・ドライブ128GB ソリッドステートドライブ SATA
電源アダプター45W ACアダプター
ワイヤレスLAN アダプターインテル Dual Band Wireless-AC 8265(2×2) Bluetooth 4.1À
ディスプレイ13.3型HD液晶 (1366×768 250nit 光沢なし) ブラック
標準保証1年間 引き取り修理
価格84,467円(クーポン適用後:2017年3月10日現在)
この構成からのカスタマイズの選択肢

前述もいたしましたが、基本的な業務レベルであれば、この仕様で大抵のことはこなせると思います。その前提の上で、いくつか追加するならこのスペック、というものを紹介します。

・メモリ
現在のベーシックキャンペーンパッケージでは、メモリが4GBになっています。メモリは同時に複数の作業をする時の処理速度に影響します。マルチタスクを行うことが多い方は、メモリは8GBにグレードアップすることをおすすめします。

・ハードディスク(SSD)
現在のベーシックキャンペーンパッケージでは、SSD128GBが選択されています。昨今の一般的なPCの使い方であれば、128GBあれば十分だと思いますが、もし、もっとSSDの容量が欲しい、ということでしたら、256GB、512GBに選び直していただければと思います。

・指紋センサー
現在のベーシックキャンペーンパッケージには指紋センサーはついていません。ThinkPad13をご購入になる方は、モバイル用途で購入されていることが多いと思います。外出先でのセキュリティ保護の観点から、指紋センサーはつけておいた方が安心です。モバイル用途ご検討の方は追加されることをおすすめします。オプションの価格も+1,080円でそこまで経済的インパクトも大きくありません。

・変換アダプター
ThinkPad13にはVGAの出力端子がついていません。そのため、VGA端子しかないプロジェクターに画面を映し出す時にはアダプターが必要です。HDMI-VGA変換アダプターやUSB-C-VGAアダプターなど必要に応じてご注文ください。なお、このアダプターは汎用品でも大丈夫ですので、Amazonなどで他メーカーのものを選ぶのも一つの選択肢です。
私が使用しているUSB Type-Cハブはこちら

モバイルPCでもより快適に作業を行う方向け

モバイルPCながら、負荷のかかる作業もそれなりに行う方におすすめなのは、ThinkPad13のバリューキャンペーンパッケージです。CPUにはCorei5、メモリは8GBを搭載し、負荷の高い作業もマルチタスクで行えます。Adobe製のソフトで動画編集をとにかくやる、ということではない方や、Excelでマクロを用いた複雑な処理を行わない方は、こちらのパッケージでだいぶ快適だと思います。

選択項目
CPUインテル® Core™ i5-7200U プロセッサー (2.50GHz, 3MB)
初期導入OSWindows 10 Home 64bit
導入OS言語Windows 10 Home 64bit – 日本語版
Microsoft ソフトウェアなし
メモリー8GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (1スロット使用)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 620
キーボード日本語キーボード (バックライト付)
バッテリー3セル リチウムイオンバッテリー (42Wh)
タッチパッド/指紋センサーThinkPadクリックパッド、指紋センサーあり
セキュリティーチップTPMあり(ハードウェアチップ搭載)
内蔵 カメラカメラあり(HD 720p対応)
本体カラーブラック
ハード・ディスク・ドライブ256GB ソリッドステートドライブ SATA (OPAL対応)
電源アダプター45W ACアダプター
ワイヤレスLAN アダプターインテル Dual Band Wireless-AC 8265(2×2) Bluetooth 4.1À
ディスプレイ13.3型FHD液晶 (1920×1080 IPS 250nit 光沢なし) ブラック
標準保証1年間 引き取り修理
価格116,035円(クーポン適用後:2017年3月10日現在)
この構成からのカスタマイズの選択肢

バリューキャンペーンパッケージを選び、ここまでの仕様にすれば、軽い作業からある程度負荷の高い処理まで快適に実行できると思います。その上で、今回のパッケージからカスタマイズをするならこれ、といったものをご紹介します。

・メモリー
ThinkPad13のバリューキャンペーンパッケージには8GBのメモリーが積まれていますが、マルチタスクを行う方で、これまで8GBだと足らないかも?といった感覚を持った方は、16GB以上を選んでいただくのが良いと思います。メモリは同時に複数の作業をする時の処理速度に影響します。

・ハードディスク(SSD)
現在のパッケージではSSDは256GBになっています。この構成は、用途によっては少ないし、用途によっては多いと判断ができます。私は個人的には256GBはだいぶ多いな、と思う方ですが、私と同様に多いと思われる方は、128GBにダウングレード、少ないと思う方は512GBにアップグレードされると良いと思います。

・指紋センサー
現在のThinkPad13のバリューキャンペーンパッケージには指紋センサーがついています。ThinkPad13をご購入になる方は、モバイル用途で購入されていることが多いと思いますし、外出先でのセキュリティ保護の観点から、指紋センサーはつけておいた方が安心ですが、「これは明確に必要ない!」ということでしたら、指紋センサーを外していただければと思います。

・変換アダプター
ThinkPad13にはVGAの出力端子がついていません。そのため、VGA端子しかないプロジェクターに画面を映し出す時にはアダプターが必要です。HDMI-VGA変換アダプターやUSB-C-VGAアダプターなど必要に応じてご注文ください。なお、このアダプターは汎用品でも大丈夫ですので、Amazonなどで他メーカーのものを選ぶのも一つの選択肢です。
私が使用しているUSB Type-Cハブはこちら

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

以下の赤枠の部分にクーポンコードはありますので、ご確認ください。

ThinkPad13 クーポン

WEBクーポン限定特価も

レノボ・ショッピングでは、商品詳細ページに記載されているクーポンよりも安く購入できるお得なクーポンを、以下のページに出していることがあります。こちらもご確認になってください。こちらの方が割引率が高ければ、こちらのクーポン番号をお会計の時にお使いください。

スポンサードリンク