ideapad720S|なかなかのコスパ!13.3型のモバイルPCを徹底解説

製品画像Lenovoは世界的に有名な大手パソコンメーカー。2017年は「The Best Laptop Brands of 2017」に選ばれるくらい評判が良く、多くの人から支持を受けています。

そんなレノボが展開するPCの中でideapadは、「あらゆるユーザーの創造力と表現力を刺激するPC」として展開されていて、非常にコストパフォーマンスが優れている商品群です。

今回は、そんな中から13.3型のモバイルノートPC、ideapad 720Sを紹介いたします。

レノボ公式 ideapad 720S詳細はこちら

スポンサードリンク

ideapad720S|なかなかのコスパ!13.3型のモバイルPCを徹底解説

製品画像The Best Laptop Brands of 2017に選ばれたレノボ。そのレノボが展開するideapadブランドのideapad 720Sは、なかなかのコストパフォーマンスモデル。Core i3/5/7のCoreプロセッサーにフルHDのIPS液晶、PCIe SSD、しかも軽量で7万円代から展開されています。デザインも安っぽくならずアルミ素材のボディで上品。ThinkPadにこだわりがなく、コスパ重視の方は、第一候補に上がるPCになるのではないかと思います。

ideapad720Sのスペック

項目スペック1スペック2スペック3
CPUCore i3-7100UCore i5-7200UCore i7-7500U
メモリ4GB8GB8GB
グラフィックチップインテル HD
グラフィックス 620
インテル HD
グラフィックス 620
インテル HD
グラフィックス 620
ストレージ256GB SSD256GB SSD512GB SSD
液晶13.3型 FHD IPS液晶 (1920×1080)13.3型 FHD IPS液晶 (1920×1080)13.3型 FHD IPS液晶 (1920×1080)
光学ドライブなしなしなし
価格(税込)
2017年11月5日現在
77,425円89,726円128,466円

圧倒的なコストパフォーマンス

ideapad720Sのポイントは何よりもコストパフォーマンスが優れていることです。CPUこそ第7世代のCoreプロセッサーですが、Core i3/5/7でフルHDかつIPS液晶、PCIe SSDを搭載。さらにバッテリーも最大約13.6時間で価格が7万円代〜という価格設定はかなり驚きです。

第7世代のIntel Coreプロセッサーを搭載

ideapad720Sは第7世代のIntel Coreプロセッサーを搭載しています。最近では第8世代のIntel Coreプロセッサーを搭載したモデルが出ていて、同じCore i5だとしてもパフォーマンスに差がありますが、モバイルPCで行いたいことがウェブサイトの閲覧だったり、Microsoft Officeを使ったりするような作業の場合は第7世代のCPUでも困ることはないと思います。個人的に、快適に作業をされるためにはCore i5以上をおすすめします。

180度開く

180度開く
ideapad720Sの中で好意的に思っているのは、平面になるように180度開くこと。平面のように置けると、対面にいる人と画面を共有しながらタイピングもできて、プロジェクターなしでもミーティングができるようになります。

プライベートに置き換えれば、どこか出かける予定を仲間と立てていたりした時に、画面を共有しながら「栃木・旅行って検索かけて見る?」「じゃあ入力して見る!」という感じのやりとりがあったとしても、タブレットのようにタイプが面倒ではなく快適です。

合計4つのUSB

外部端子
ideapad720Sは必要十分な入力ポートを備えています。例えばUSB Type-Cが2つ、フルサイズのUSB3.0ポートが2つが付いています。HDMIやSDカードスロットは付いていません。最近ではMacBookProなどもHDMIやSDカードスロットをついていませんが、このような仕様の場合は必要に応じて別途USB Type-Cハブを購入して拡張させる必要があります。

デザインも○

デザインideapadは廉価PCのシリーズでコストパフォーマンスに優れていますがその分デザインを諦めなければならない時もありました。ですが今回はこの価格帯ながらアルミのボディを使い、薄さを強調するよう仕上げにも工夫が見られています。この価格帯のPCとは思えないデザインでとても好感が持てます。

ideapad720Sのおすすめ構成

ideapad720Sをご購入になる際のおすすめモデルを紹介します。

ウェブ閲覧やOfficeがメイン。少し編集もする方向け

インターネットで情報を得たり、OfficeでExcel作業などを行ったりするのがメインで、画像・動画などの編集もたまにやるような方には、製品番号「81A8006EJP」のモデルをお勧めします。一般的なビジネスモバイルで選ばれる構成で、Core i5-7200Uで快適に作業できると思います。

項目スペック
CPUインテル Core i5-7200U プロセッサー ( 2.50GHz 2133MHz 3MB )
初期導入OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイLEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット) 、光沢なし
メモリー8.0GB PC4-17000 DDR4 (オンボード) 2133MHz
ハード·ディスク·ドライブ256GB SSD
標準保証1年間 引き取り修理
グラフィックスCPU内蔵(インテル HD グラフィックス 620)
バッテリー4セル リチウムイオンポリマーバッテリー
BluetoothBluetooth Version 4.1
ワイヤレスIEEE 802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
価格89,726円(クーポン適用後:2017年11月5日現在)

編集や大きなの処理をPCで行う方向け

PCをご検討になる大抵の方は、上でご紹介している製品番号「81A8006EJP」のモデルで十分だと思いますが、AdobeのCreative Cloudで動画、静止画を日常的に編集される方やExcelのマクロを使って処理を頻繁にする方には、さらに上の上位モデル「 81A8006FJP」がおすすめです。

項目スペック
CPUインテル Core i7-7500U プロセッサー ( 2.70GHz 4MB )
初期導入OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイLEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット) 、光沢なし
メモリー8.0GB PC4-17000 DDR4 (オンボード) 2133MHz
ハード·ディスク·ドライブ512GB SSD
標準保証1年間 引き取り修理
グラフィックスCPU内蔵(インテル HD グラフィックス 620)
バッテリー4セル リチウムイオンポリマーバッテリー
BluetoothBluetooth Version 4.1
ワイヤレスIEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
価格128,466円(クーポン適用後:2017年11月5日現在)

WEBクーポン限定特価も

レノボ・ショッピングでは、商品詳細ページに記載されているクーポンよりも安く購入できるお得なクーポンを、以下のページに出していることがあります。こちらもご確認になってください。こちらの方が割引率が高ければ、こちらのクーポン番号をお会計の時にお使いください。

スポンサードリンク