「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」とエラーの時の対処法

エラーiPhoneをご利用の方は、定期的にiTunesを利用してiPhoneのバックアップを取っていると思います。バックアップを取っておけば、iPhoneがクラッシュした時や、機種変更の際に、バックアップの段階まで情報を戻すことができます。

さて、今回はそんなバックアップについて。

バックアップの最中に「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」とエラーが出るときがあります。実際はiPhoneを取り外していないのにこのエラーが出て、次に進めない時もあったりして。取り外していないのにこのように表示されると、打つ手立てがなさそうで、困りますよね。

ここでは、「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」と表示された時の対処法を紹介いたします。

「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」とエラーの時の対処法

ここからは、「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」とエラーの時の対処法について紹介します。以下の手順を踏めば、しっかりiPhoneのバックアップができるようになりますので、お試しいただければと思います。

iTunesを開く

iTunesを開いた状態にします。

システム環境設定に進む

iTunesのシステム環境設定に進みます。

システム環境設定に進む

デバイスに進む

以下の赤枠をクリックし、デバイスに進みます。

デバイスに進む

Finderで表示する

今回バックアップするiPhoneの行で右クリックし「Finderで表示」を押します。

Finderで表示を押す

アクティブになっているファイルを移動する

Finderを開いた時にアクティブになっているファイルをデスクトップなどに移動して、Finderから無くします。

アクティブになったファイルを移動

同期する

この状態で同期をさせると、エラーなしで同期を完了させることができます。

以上になります。

バックアップを取りたいのに何回もこのエラーが出て進まない場合はぜひこちらの対処法を試していただければと思います。皆様の課題解決のお役に立てたなら幸いです。

スポンサードリンク