MacにUSB3.0ハブを接続してWiFiが繋がらなくなった場合の対処法

USB-CAppleのPCブランドといえばご存知Mac。Appleらしい、持っていて嬉しくなるデザインと直感的なユーザーインターフェースが魅力。多くの人が選ぶ、定番のPCになっています。

さて、今回はそんなMacのトラブルシューティングについて。

MacでUSB3.0ハブを接続したらWiFiが接続できなくなってしまったという話をよく聞きます。この症状はどうして起こってしまうのでしょうか?その原因と対策についてここから説明して行きます。

スポンサードリンク

MacにUSB3.0ハブを接続してWiFiが繋がらなくなった場合の対処法

MacにUSB3.0ハブを接続してWiFiが繋がらなくなったときは、2.4GHz帯でワイヤレス干渉が起こっている可能性が高いです。以下に対処法を記します。

Macからできる限りハブを遠ざける

USBハブのケーブルが長ければできる限りMacから離してハブを置いてください。また、置く位置ですが、Macの背後やディスプレイのヒンジ近くには置かないようにしてください。このあたりに、Macのアンテナがあるため、干渉しやすくなります。

アンテナから離れたUSB Cポートを使う

USB-Cポートを搭載したMacでは、ハブをMacの左側手前のポート、または右側のポート(右側に搭載しているMacの場合)に差し込んでください。これらのポートはアンテナからの距離が離れているため比較的干渉の可能性が少ないです。

5GHz帯の無線LANルーターを使う

以前の無線LANルーターは、2.4GHz帯のものばかりでしたが、現在は、他と干渉の少ない5GHz帯を利用できるWiFiルーターが増えています。上記を行なっても解決しない場合、もしくはUSBハブの場所など気にせずにWiFiを利用したい場合は、新しく5GHz帯の無線LANルーターを購入することをお勧めします。

5GHz帯対応の無線LANルーター

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク