ideapad S530|コストパフォーマンス抜群の13.3型PCを徹底解説

本体レノボは世界的に有名な大手のPCメーカー。幅広い製品ラインナップで、ビジネス用途のモバイルPCから自宅用のデスクトップまで取り扱いは多岐にわたります。

そんなレノボが展開するパソコンの中で、ideapadブランドは、「あらゆるユーザーの創造力と表現力を刺激するPC」として展開されている、非常にコストパフォーマンスが優れている商品群。

今回は、そんな中から13.3型のノートPC、ideapadS530をご紹介。ideapadS530は第8世代のCPU Whiskey Lakeを搭載した非常にコストパフォーマンスの高い、ハズレのないモデルに仕上がっています。

レノボ公式 ideapad S530詳細はこちら

スポンサードリンク

ideapad S530|コストパフォーマンス抜群の13.3型PCを徹底解説

背面レノボが展開するideapadブランドの中で、ideapadS530は、13.3型の液晶を搭載したモバイルPCのメジャーライン。非常にコストパフォーマンスがあるモデルです。構成のカスタマイズはできないものの、用途に合わせてCore i5、Core i7のモデルの2タイプから選ぶことができ、一番狙いたい第8世代Core i5 Whiskey Lakeプロセッサー、メモリ8GB、256SSD、フルHD IPS液晶モデルは10万円台で購入できます。

ideapadS530のスペック構成

ideapadS530はあらかじめスペックが決められておりカスタマイズはできません。ラインナップの中から用途や予算に合わせて構成を選ぶことになります。

項目スペック1スペック2
CPUCore i5-8265UCore i7-8565U
メモリ8GB8GB
グラフィックチップインテル UHD
グラフィックス 620
インテル UHD
グラフィックス 620
ストレージ256GB SSD256GB SSD
液晶13.3型 FHD IPS液晶13.3型 FHD IPS液晶
光学ドライブなしなし
価格
(2019年1月2日現在・税込)
102,697円116,683円

ポイントはインテルの最新の第8世代CPUであるWhiskey Lakeを搭載したモデルであるということ。モバイルノートの王道とも言えるCore i5、メモリ8GB、SSD256GB、フルHD IPS液晶の構成もあり、汎用性も高く選びやすいと思います。

コストパフォーマンス

正面ideapad S530のポイントはコストパフォーマンスです。以前からideapadシリーズは手頃な価格帯で購入できることで人気がありますが、まさにその点を引き継いでいます。実際、上でご紹介したスペック表の通り、もっとも安い価格は102,697円(税込)です。同スペックの他社のモデルと比べてもコストパフォーマンス面で非常に魅力的なモデルです。

第8世代のIntel Coreプロセッサーを搭載可能

CPUideapad S530は第8世代のIntel CoreプロセッサーWhiskey Lakeを搭載できます。

まず、第8世代のIntel Coreプロセッサーがどれだけ優秀なものに仕上がっているというと、第8世代のIntel Core プロセッサーは、全てがクアッドコア(8スレッド対応)で、前世代の対応する第7世代のチップよりも最大で40%高速になっています。第7世代までは動画編集や画像編集やるならCore i7一択と言われていましたが、この性能向上によりCore i5でも多くの作業を快適にこなせるレベルまできています。

さらに、今回のideapad S530に搭載されているCPU Whiskey Lakeは、 第8世代のCPUの中でも新しくさらにパフォーマンスが向上していて快適に作業ができます。

180度開く

180度開くideapad S530は筐体を180度開いて平らに使うことができます。

この仕様はモバイルノートとして利用時に効果を発揮。複数人で一緒に作業したり議論する際に便利です。例えば、テーブルの上で180度開いておくと画面を共有しながらタイピングもできて、プロジェクターなしでもPC内の資料をベースにミーティングができるようになります。

プライベートに置き換えた場合は、どこか出かける予定を仲間と立てていたりした時に、画面を共有しながら「栃木・旅行って検索かけて見る?」「じゃあ入力して見る!」という感じのやりとりがあったとしても、タブレットのようにタイプが面倒ではなく快適です。

豊富な入力端子

入力端子ideapad S530は必要十分な入力ポートを備えています。例えばUSB Type-Cが1つ、フルサイズのUSB3.0ポートも2つ付いていますし、HDMIもついています。

HDMI端子が付いているのは何かと便利。PC内のファイルをモニターやプロジェクターに映す方にとっては毎回ハブを持ち歩かなくていいので楽だと感じていただけると思います。

一点注意はSDカードスロットがついていないということ。フルサイズではありませんので、SDカードを利用するのであれば、USBハブを購入する必要があります。この話、少しネガティブに聞こえるかもしれませんが、最近はSDカードスロットがついていないPCも多いですから、普通の仕様だと思っていただければと思います。

十分なバッテリー駆動時間

ideapad S530は13.3型。モバイルノートとして外出先で利用したり、室内で使用するにもACアダプターを外して使用するケースのある方がお選びになることが多いのではないかと推測します。そんな方々が考慮されるのがバッテリーの駆動時間。

ideapad S530は最大で約11.4時間のバッテリー駆動。もちろん、PCのバッテリーは使っていくうちに消耗しますから、この通りにはいきませんが、初期の仕様の段階でできる限りバッテリー性能が良いものを選ぶのが安心です。

ideapad S530おすすめ構成

ideapad S530はレノボの公式直販サイトで購入できます。

これがあればほぼ十分。編集や大きなの処理をPCで行う方向け(特におすすめ)

ExcelやAccessを使って多くのデータを加工、抽出をされる方や、動画、静止画を日常的に編集される方には、第8世代世代のCore i5搭載モデルをお勧めします。

項目スペック
CPUCore i5-8265U
メモリ8GB
グラフィックチップインテル UHD
グラフィックス 620
ストレージ256GB SSD
液晶13.3型 FHD IPS液晶
光学ドライブなし
価格
(2019年1月2日現在・税込)
102,697円
この構成から追加したいアクセサリーの選択肢

・マウス
現在のパッケージにはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

・Microsoft Office
上記でご紹介した構成にはMicrosoft Office(WordやExcelなど)が入っていません。Microsoft OfficeはPCと同時に購入の方がお得な値段で購入できますので、ご購入予定でしたら追加していただいた方が良いと思います。

・DVD/BDドライブ
Ideapad S530には光学ドライブを搭載していません。最近DVD/BDを使うこと自体少なくはなっていますが、必要があれば追加で購入いただく必要があります。

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

以下の赤枠の部分にクーポンコードはありますので、ご確認ください。

クーポン画面

WEBクーポン限定特価も

レノボ・ショッピングでは、商品詳細ページに記載されているクーポンよりも安く購入できるお得なクーポンを、以下のページに出していることがあります。こちらもご確認になってください。こちらの方が割引率が高ければ、こちらのクーポン番号をお会計の時にお使いください。

最後に

ideapad S530は、ideapadのコンセプトを継承したコストパフォーマンスの高い13.3型のモバイルノートパソコンです。サイズ、デザイン、性能のバランスが良く、買って失敗したと思うことはないと思います。

ideapad S530にはCore i5とCore i7があるとご紹介しましたが、Core i5で構成されたモデルはまさに万能マシンでおすすめです。Core i7モデルはバリバリAdobe関連のソフトを使う方などにおすすめです。

お買い物の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク