IdeaPad Slim170 14型を実機レビュー|値段重視のRyzenPCを徹底解説

Lenovoは世界的に有名な大手パソコンメーカーです。国内では企業向けPCのシェアが高く、会社勤めの方には馴染みが深いと思います。そんなLenovoは個人向けのPCも幅広く展開。ラインナップは家庭で使える大画面ノートからカフェや出先で使えるモバイルノートまで。自分のニーズにはまるものがなにがしかの形である、そんなPCブランドだと思います。

さて、Lenovoが展開するIdeaPadはコストパフォーマンスを売りにしたPCシリーズです。そして、今回ご紹介するIdeaPad Slim170はIdeaPad Slimの一番下のラインで超格安モデル。ぜひこちらの記事で概要をご確認ください。

レノボ公式 IdeaPad Slim 170 14型 詳しくはこちら

スポンサードリンク

IdeaPad Slim170 14型を実機レビュー|値段重視のRyzenPC

レノボのIdeaPad Slim170 14型はIdeaPadの特徴である”リーズナブル”を徹底したモデル。価格は最安値で5万円前半。安くてちゃんと使えるPCが欲しいという方には嬉しい価格設定です。一方で、価格がリーズナブルな分、割り切っているところもありますので、その点踏まえて選んでいただくのが良いと思います。

ここから詳しく説明していきたいと思います。

IdeaPad Slim170 14型のスペック

項目 スペック
OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 5 5500U
ストレージ SSD:256GB
メモリ 8GB
グラフィックチップ AMD Radeonグラフィックス
液晶 14″ FHD液晶 (1920 x 1080) TN
光学ドライブ なし
バッテリー 最大11.2時間
サイズ 約 325×216.5×17.9mm
重さ 1.4kg
価格(税込)
2022年9月3日現在
54,980円〜

デザイン・外観

まずはじめにデザイン・外観を見ていきましょう。

  • 正面
  • この価格帯のモデルとしては縁も薄めで凛としたデザインに仕上がっています。

  • 斜め上から
  • シルバーのシンプルなデザインですっきりしていますが、素材がプラスチックで、他のPCよりも若干安っぽい印象があります。

  • ディスプレイ
  • ディスプレイの枠は黒/グレーで締まった印象になっています。

  • キーボード
  • シルバーにグレーのキーボードでキーが認識しやすくなっています。

    価格の手頃さ


    IdeaPad Slim170 14型のポイントは5万円前半からCPUにRyzen 5 5500U搭載のPCが手にはいる手頃さです。

    Ryzen 5 5500Uは、IntelのCPUで言うCore-i5。通常このスペックのPCは8万円前後です。外観やディスプレイを妥協してもよければかなり”あり”な選択肢です。

    画面は視野角・色域が狭め

    IdeaPad Slim170 14型は画面の性能があまり良くないです。1920×1080の液晶なのですが、IPS液晶ではなく、視野角・色域ともの狭いTN液晶です。具体的にどのような影響があるかというと、ちょっと液晶の向きをずらしたり、斜めから見たりすると画面が見づらくなります。色域が広くないので、画面の表示が鮮やかになりません。

    画面の質はストレートに価格に返ってきますので、ある程度この価格帯なら許容範囲かなと思いますが、YouTubeやNetflix、AmazonVideoなどのオンデマンド配信を楽しみたい方は、画面が見やすいIPS液晶搭載のPCを検討された方が良いかもしれません。

    180度開く


    これは自分の好みの位置までしっかり画面を傾けることができるというメリットはもちろんですが、複数人で一緒に作業したり議論する際に非常に便利です。例えば、テーブルの上で180度開いておくと画面を共有しながらタイピングもできて、プロジェクターなしでもPC内の資料をベースにミーティングができるようになります。一方で、前述の通り、IdaaPad Slim170は視野角が狭いです。実際に180度倒してみたところ、「ぎりぎりだなー」と言う感覚を受けました。近くで一緒にディスカッションする、などでお使いになれる程度と思っていただければと思います。

    必要十分な入力端子類

    IdeaPad Slim170 14型は必要十分な入力ポートを備えています。例えばUSB Type-Cが1つ、フルサイズのUSBポートが2つ付いています。HDMIやSDカードスロットもついています。これだけあればまず入力端子に困ることはありません。

    右から見た側面

    IdeaPad Slim170 14型の右にはフルサイズのUSBとSDカードが入ります。

    左から見た側面

    IdeaPad Slim170 14型の左にはフルサイズのUSB、USB-C、HDMI端子があります。

    十分なプライバシー配慮


    ビジネスで使用するモデル選びにおいてセキュリティ配慮は大きな項目の一つです。IdeaPad Slim170 14型のセキュリティ配慮項目の例としてカメラのシャッター機能が挙げられます。

    IdeaPad Slim170 14型では、本体の正面についているカメラを手動でシャッターを閉じるようにふさぐことができるようになっています。カメラで自分を写したくないときだったりに閉じるのにも使えますし、気づかぬうちにカメラに映っていた、ということを防ぐために常時閉めていても良いですし、スタンスによって使い方の変えられる機能です。

    ACアダプターは比較的小ぶり


    屋内・屋外問わず移動することを想定する際に気になるのがACアダプターの大きさですがIdeaPad Slim170 14型のACアダプターは比較的小ぶりです。上記写真では本体の横に置いていますが、この程度です。

    IdeaPad Slim170 14型とあわせて購入を検討したいもの

    マウス

    現在のIdeaPad Slim170の構成にはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

    Microsoft Office

    < 現在のIdeaPad Slim170の構成にはMicrosoft Office(WordやExcelなど)が入っていません。Microsoft OfficeはPCと同時に購入の方がお得な値段で購入できますので、ご購入予定でしたら追加していただいた方が良いと思います。

    DVD/BDドライブ

    IdeaPad Slim170には光学ドライブを搭載していません。最近DVD/BDを使うこと自体少なくはなっていますが、必要があれば追加で購入いただく必要があります。

    まとめ

    IdeaPad Slim170 14型はCPUにRyzen 5 5500Uを搭載した14型ノート。他のRyzen 5 5500U搭載モデルは8万円前後しますので、処理速度を重視して割り切るところを割り切れればかなり良い選択肢になるのではないでしょうか?

    お買い物の参考になれば幸いです。

    スポンサードリンク